台湾産パインを日本の子供にPR 茨城県内の一部学校給食に登場

2022/05/12 19:12
笠間市の中学生らと台湾産パイナップルを楽しむ李世丙駐日副代表(右から2人目)=農業委員会農糧署提供
笠間市の中学生らと台湾産パイナップルを楽しむ李世丙駐日副代表(右から2人目)=農業委員会農糧署提供

(台北中央社)台湾産パイナップルが12日から13日にかけて、茨城県笠間市と大洗町の9カ所の幼稚園や小中学校で給食として初めて登場する。6000人以上の子供や教職員に提供される予定。行政院(内閣)農業委員会農糧署が12日、報道資料で明らかにした。

同署は台湾産果物を世界にPRしようと、2019年に笠間市と食を通じた文化交流と発展的な連携強化に関する覚書を締結。バナナを給食向けに提供するなどしてきた。

笠間市立岩間中学校では12日、給食に台湾産パインが出され、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)の李世丙(りせいへい)副代表が生徒と昼食を共にした。

同署によれば、子供たちは香り豊かなパインに興味津々な様子で、一度口にするとぱくぱく食べておいしさを絶賛していたとの報告が学校から寄せられたという。同署は台湾産パインへの理解を深めてもらおうと、給食にパインを採用した幼稚園や学校に、台湾のパイン生産地や収穫時期を紹介するランチョンマットを贈った。

同署の統計によると、今年に入ってから今月11日までに台湾から日本に輸出されたパインは1万5593トンに達し、前年同期比で約45%増加した。

(楊淑閔/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。