黄台南市長など台湾の自治体首長ら、東北に向けお見舞いメッセージ

2022/03/17 18:40
地震で倒れた福島県国見町内の建物=共同通信社提供
地震で倒れた福島県国見町内の建物=共同通信社提供

(台北中央社)16日夜に起きた福島県沖を震源とする地震を受け、南部・台南市の黄偉哲(こういてつ)市長をはじめ複数の地方自治体首長らは17日までに、被災者らに対してツイッターなどを通じてお見舞いメッセージを寄せた。

台南市政府によると、黄市長は地震後、東北地方で交流促進協定などを結ぶ青森県や山形市、仙台市、弘前市に対してお見舞いのメッセージを送るよう指示を出したという。

またツイッターには日本語でのメッセージと共に中国語で「日本の友人が皆、無事でありますように」と投稿した。

北部・台北市の柯文哲(かぶんてつ)市長も、ツイッターに「一日も早く日常に戻れるようお祈り申し上げます」とつづったほか、北部・桃園市の鄭文燦(ていぶんさん)市長も「日本の皆さん、特に東北地方にお住いの皆様、大丈夫でしょうか」と日本語で安否を気遣った。

(張栄祥/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。