蔡総統「台湾とウクライナの状況は本質的に異なる」

2022/02/25 18:36
高機能試験水槽の拡張工事起工式であいさつする蔡総統=総統府提供
高機能試験水槽の拡張工事起工式であいさつする蔡総統=総統府提供

(台南中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は25日、「ロシアによるウクライナへの主権侵害を厳しく非難する」と述べ、台湾として国際社会のロシアに対する経済制裁に参加する方針を示した。また、「台湾海峡の状況とウクライナの状況は本質的に異なる」と強調した。

蔡総統は南部・台南市の成功大学で開かれた高機能試験水槽の拡張工事起工式に出席し、あいさつした。試験水槽は船艦の開発に用いるもので、蔡政権が推進する艦船の国産計画において大きな役割を果たすことが期待される。

蔡総統は、台湾には台湾海峡の険しさや戦略地政学上の地位があるだけでなく、本土を守る国軍の意志や戦力も向上し続けているとし、地域の安全に対する注視と努力によって、台湾の安全を守る強い自信をつけていると述べた。また、外部勢力と現地の協力者がウクライナ危機に乗じて恐怖をあおる誤情報を操り、台湾社会の人々の士気に影響を与えるのを避けるため、認知作戦への防衛を強化するよう呼び掛けた。

工事では、長さ165メートル、深さ4メートル、幅8メートルの成功大学えい航水槽を長さ285メートル、深さ5.5メートル、幅8メートルに拡張する。完成すれば、大学の模型船試験水槽としては世界で2番目の大きさになる。

(張栄祥/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。