米窓口機関トップ「台湾との防衛協力強化すべき」中国の脅威増大を懸念

2020/10/07 16:38

米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)のジェームズ・モリアーティ理事長が5日、台湾に対する中国の脅威が日増しに強まっていることを念頭に、米台間の防衛協力や防衛調達、台湾側の自己防衛や安全要求がこれまでのどの時期よりも重要になっているとの認識を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。