台湾、雇用や生活の安定確保に約3500億円 192万人に補助金

2020/04/02 18:36

行政院(内閣)は2日午前の臨時院会(閣議)で、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するための特別条例の改正案を決めた。対策の規模を1兆500億台湾元(約3兆7300億円)に拡大し、特別予算に1500億元(約5300億円)を追加する。雇用や生活の安定確保に1000億元(約3550億円)を投じ、打撃が大きい業界や自営業の計192万人に補助金を交付する。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。