日本の支援で台湾人12人がインド出国 外交部が謝意表明

2020/04/02 12:30

新型コロナウイルスの感染拡大防止のためロックダウン(都市封鎖)を実施しているインドから、台湾人12人が現地時間1日夜、日本航空の臨時便で出国し、2日早朝に東京に到着した。外交部(外務省)の欧江安報道官が2日、明らかにした。欧報道官は、インドと日本の関係各所から提供された各種の支援に「外交部として心から感謝する」と謝意を表明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。