ドイツ連邦議員、台湾のWHO参加支持 中国の妨害を批判

2020/03/31 13:40

ドイツ連邦議会(下院)から台湾の世界保健機関(WHO)参加を支持する声が上がっている。駐ドイツ台北代表処(大使館に相当)は27日、与党・キリスト教民主同盟(CDU)のマーク・ハウプトマン議員のビデオメッセージを公開。台湾の新型コロナウイルスの防疫措置を称賛した上でWHO総会への参加の重要性を訴え、中国が台湾を封殺していると批判した。また同処によれば、ドイツ連邦議会のサイトで同日、WHO加盟国として台湾の参加を支持するようドイツ政府に求める文書が公開された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。