日本食品の輸入規制継続求める国民党 国民投票実施に向け署名活動/台湾

2018/07/24 16:43

野党・国民党は福島など日本5県産食品の輸入禁止措置継続について賛否を問う国民投票の実施を目指し、手続きを進めている。すでに提案段階の手続きが完了しており、曽永権副主席兼秘書長らは24日、台北市内で投票案立案に向けた署名活動を始動させた。党員は「放射能汚染食品拒否」などと声を上げ、立案に必要な28万人分の署名達成に気合を入れた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。