日本食品の輸入規制 「世界の対応を直視すべき」 消費者に訴え/台湾

2018/01/03 14:10

台湾が2011年3月の東京電力福島第1原子力発電所事故以降、福島など5県で生産・製造された食品に対して続けている禁輸措置について、行政院(内閣)食の安全オフィスの陳吉仲副執行長は2日、政策調整のめどは立っていないとした上で、消費者に対し、輸入を徐々に正常化している世界各国の対応を直視するよう理解を求めた。中央社の電話取材で述べた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。