アプリで読む
ダウンロード

台湾・花蓮の小学校 先住民族に伝わる伝統的校舎が供用開始 文化伝承へ

2024/03/29 17:50
台湾原住民族タロコ族に伝わる伝統的な建築様式で建てられた花蓮県万栄小学校の校舎と児童ら=3月29日、張祈撮影
台湾原住民族タロコ族に伝わる伝統的な建築様式で建てられた花蓮県万栄小学校の校舎と児童ら=3月29日、張祈撮影

東部・花蓮県万栄郷の万栄小学校で29日、台湾原住民(先住民)族タロコ族に伝わる伝統的な建築様式で建てられた新たな校舎の供用が開始された。今後児童が民族文化を学ぶ空間として活用される。

同校の蘇連西校長によると、毎週8時間の文化カリキュラムがあり、農業や食事、信仰や儀式、工芸や音楽・ダンス、集落の歴史、狩猟などを学ぶ。これまでは集落の作業場や調理場を借りていたが、教育部(教育部)の予算を得て新たな校舎を建設したという。

校舎の供用に際しては、集落の年配者や保護者らを招いてブタをささげる儀式が行われた。蘇校長は、集落の人にも使ってもらえるようにするとし、今後も展望台を設置するなど文化学習の空間を引き続き整備する考えを示した。

(張祈/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
農作物を保存する空間=3月29日、張祈撮影
農作物を保存する空間=3月29日、張祈撮影
校舎の供用に際してブタをささげる儀式に参加した地元住民ら=3月29日、張祈撮影
校舎の供用に際してブタをささげる儀式に参加した地元住民ら=3月29日、張祈撮影
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107