アプリで読む
ダウンロード

台東の若手農家、丸い形のズッキーニの栽培に成功 さっぱりした甘みが特徴

2023/11/21 18:28
市民提供
市民提供

カボチャの仲間であるズッキーニ。普通は細長い形をしているが、東部・台東県の若手農家、林彦均さんが丸い形のズッキーニの栽培に成功。さっぱりとした味わいに甘みもあり、販売されるやいなや消費者から好評を得ているという。

林さんによれば、丸い形のズッキーニは欧米から導入されたもの。過去に台湾各地で栽培されたが、うまく行かず、林さん自身が去年、鹿野郷で試験的に育成してみたらようやく栽培を成功させた。

一部の農家は丸いズッキーニについて、大きすぎるものより、重さ200~300グラムのものが最もおいしく食べられると説明。1年で収穫可能な他、商品価値も高いことから、今後も引き続き栽培し、地元ならではの野菜になればと期待を寄せた。

台湾ではズッキーニの多くは輸入に頼っており、価格も低くはない。だが、近年、品種改良が行われたズッキーニの育成が進んでいる。種まきから35~45日程度で収穫可能で9月中旬から翌年4月上旬にかけて収穫の最盛期を迎える。

(李先鳳/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.45