アプリで読む
ダウンロード

雲林県でこけし展示会 130センチの巨大木製人形も

2023/07/23 18:26
雲林県政府提供
雲林県政府提供

中部・雲林県台西郷で22日、日本の木製人形、こけしの展示会が始まった。地元出身の国際的デザイナー、林国基さんの所蔵品。こけしの他、林さんや地元の芸術家が手掛けた木製人形も見られ、合わせて500点余りが展示されている。

雲林県政府提供
雲林県政府提供

林さんはば、展示品のうち、最も大きいのは地元の芸術家、丁仁桐さんがハマグリやカキの貝殻などで作った高さ130センチのもの。台西郷は養殖業が盛んな地域で、ハマグリやカキ、ウナギなどが生産されていることから、地元の特色を生かした作品となった。

長さわずか1センチしかない木製の人形もあり、展示品の中で最小となっている。展示期間中、手作り体験メニューも用意されている。林さんは子どもたちの美的センスを磨く機会になればと期待を寄せた。

海口故事屋で9月10日まで。

(姜宜菁/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
雲林県政府提供
雲林県政府提供
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.206