台北市のマンホール蓋大集合 カラフルで地方色豊かなデザイン

2022/08/09 17:19
さまざまな種類の動物の絵が描かれた文山区のマンホール蓋=台北市政府工務局水利工程処提供
さまざまな種類の動物の絵が描かれた文山区のマンホール蓋=台北市政府工務局水利工程処提供

台北市12行政区のマンホール蓋を集めた展示会が11日から15日まで同市政府庁舎1階で開催される。蓋には地域ごとにオリジナルのデザインが施され、計24種類展示される。

12行政区は南港、万華、大同、中正、北投、士林、中山、松山、内湖、信義、大安、文山。1区当たり2種類のマンホール蓋のデザインが用意される。

同市政府工務局水利工程処は市のマンホール蓋にイラストを描き、その成果を展示するイベントを実施。1回目では南港、万華、大同、中正の4区、2回目となる今回では、残り8区のデザイン作業が出来上がった。

8区のうち、たとえば温泉地として知られる北投区のマンホール蓋には浴場などが、台北市立動物園が所在する文山区の場合は、さまざまな種類の動物の絵がそれぞれ描かれている。

同処の陳郭正処長によれば、この8区は年末までにマンホール蓋設置完了の予定で、それ以外の4区に関してはすでに設置作業が完了した。

同処は、12区のマンホール蓋を一度に見られる絶好のチャンスだと述べ、展示を見に来るよう呼び掛けている。

(陳怡璇/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。