台湾産の玉荷包ライチ、初物は1キロ約1800円

2022/05/10 18:02

北部・台北市にある青果市場、台北果菜市場で、今年初めて玉荷包ライチの競りが行われ、全国に先駆け初物として出品された南部・屏東県恒春産の高級品に1キロ400台湾元(約1800円)の高値が付いた。

初物のライチは5日に出荷された。恒春鎮農会(農協)の林順和総幹事によると、今年は暖冬や寒波、大雨などの影響により花が咲かず、生産量は3割にも満たないという。

ただ、希少価値は高まったものの、実際の取引価格は昨年に比べて約100元(約440円)減った。林さんは、新型コロナウイルスの影響により、市場への入場制限が掛かり、購買意欲が下がったことが原因と見るが、「悪くない価格だ」と話した。

林さんは、恒春なら600グラム当たり150~200元(約660~880円)で購入できると強調。甘くてジューシーなライチの購入を呼び掛けた。

(李卉婷/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。