統一ライオンズ、2年連続後期V/台湾プロ野球

2021/11/19 14:18
胴上げされる統一ライオンズの林岳平監督
胴上げされる統一ライオンズの林岳平監督

(新北中央社)台湾プロ野球、統一ライオンズが18日、北部・新北市で行われた富邦ガーディアンズ戦で2年連続の後期優勝を決めた。

試合前、後期優勝へマジック「1」としていた統一。この日は富邦に3-4で惜敗したが、前期優勝で後期2位の中信兄弟が味全ドラゴンズに敗れたため、15回目の半期優勝を手にした。

台湾プロ野球は21日にレギュラーシーズンの全日程を終える予定で、続く「台湾シリーズ」では統一と中信が年間王者の座を懸けて対戦する。昨年のシリーズでは、統一が中信を4勝3敗で下し、リーグ最多となる10回目の年間優勝を果たした。

(楊啓芳/編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。