アプリで読む
ダウンロード

ヤクルト育成1位の高橋翔聖投手が入団会見 「早く支配下に」 台湾の高校を今月卒業

2024/06/11 13:27
ヤクルトの高橋翔聖投手=2023年10月27日、台北市
ヤクルトの高橋翔聖投手=2023年10月27日、台北市

(台北中央社)昨秋の日本プロ野球ドラフト会議でヤクルトから育成1位指名を受けた高橋翔聖投手の入団会見が10日、東京都内で行われた。台湾高校野球の強豪、鶯歌工商(北部・新北市)を今月卒業したばかりの18歳。「できるだけ早く支配下を勝ち取って、2桁勝利できる投手になっていきたい」と意気込みを示した。

台湾人の父と日本人の母を持つ。高校の卒業式の翌日に当たる6日に台北市内で球団と契約を交わし、9日に台湾をたった。登録名は「翔聖」、背番号は017に決まった。

188センチ、81キロの恵まれた体格で最速151キロを投げる右腕。会見では高身長で、コントロールが良いところが自身の強みだとコメントした。どんな球種でも思った通りに投げられるとし、長所を生かして頑張りたいと語った。

(謝静雯/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.24