何品莉が台湾初の金 フィンスイミング世界選手権200m

2022/07/23 12:40
フィンスイミング世界選手権で金メダルに輝いた何品莉=facebook.com/he.pin.liから
フィンスイミング世界選手権で金メダルに輝いた何品莉=facebook.com/he.pin.liから

(台北中央社)フィンスイミング世界選手権は21日、コロンビア・カリで行われ、台湾の何品莉が女子200メートルビーフィンで1分46秒67の台湾新記録を打ち立て、金メダルに輝いた。同選手権で台湾人選手が優勝するのは初めて。

何は、今月7~17日に米国・バーミングハムで開催されたワールドゲームズに出場し、50メートルビーフィンで5位、100メートルビーフィンで6位になったばかり。

教育部(教育省)体育署によると、今大会で何は100メートルビーフィンでも4位となり、台湾新記録を樹立。また優勝の知らせを受けた蔡英文(さいえいぶん)総統は、何に祝電を送ったという。

(編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。