台湾・台東産アテモヤ 日本のクラファンで発売 5時間で10万円売り上げ

2022/04/29 16:26
台東県産アテモヤ=資料写真
台東県産アテモヤ=資料写真

(台東中央社)東部・台東県政府は29日、同県産アテモヤを日本のクラウドファンディングサイトに出品したところ、22日の受け付け開始後わずか5時間で当初の目標金額としていた10万円分の注文が寄せられたと発表した。

購入総額は29日の時点で30万円を超えた。県によると、今回販売されるアテモヤの糖度は20度以上に達しているという。

県は今年3月に千葉県で行われた国際食品・飲料展「フーデックスジャパン」に出展してアテモヤをPR。日本企業80社以上から問い合わせがあったとしている。

饒慶鈴(じょうけいりん)県長は、冷凍技術を通じて日本市場を切り開き、日本の人に年間を通じておいしい台東産アテモヤを食べてもらいたいとコメントを寄せた。

(張祈/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。