リトアニア、来年初頭にも台湾に代表機関設置へ 経済協力の拡大も期待

2021/10/28 15:13
リトアニアのアルモナイト経済革新相=本人のフェイスブックwww.facebook.com/ausrine.armonaiteから
リトアニアのアルモナイト経済革新相=本人のフェイスブックwww.facebook.com/ausrine.armonaiteから

(ロンドン中央社)バルト3国の一つのリトアニアのアウスリーヌ・アルモナイト経済革新相は27日、来年初頭にも台湾に代表機関を設置する予定であることを明らかにした。同国を訪問中の台湾の経済視察団の団長を務める国家発展委員会の龔明鑫(きょうめいきん)主任委員(閣僚)と共同で取材に応じた 。

台湾の政府関係者や企業トップらで構成される視察団は26日に現地入り。27日には貿易投資に関するフォーラムが行われたほか、半導体、生命科学、バイオテクノロジー、レーザー、衛星技術、結晶学研究、金融の分野を含む6項目の覚書に調印した。今回の訪問により、2者間の経済貿易協力に堅実な基礎が築かれることが期待されている。

龔氏は、台湾の駐リトアニア代表機関は年内にも業務を開始できるだろうと明かした。

またアルモナイト氏は、台湾がリトアニアに半導体工場を建設する可能性を排除しないと言及。台湾への輸出拡大に期待を寄せ、台湾からの投資を歓迎するとアピールした。龔氏は、半導体工場建設の可能性はあるとしながらも、まずはリトアニアの青年らを台湾に招いて専門知識や技術を学んでもらいたいと答えた。

(陳韻聿/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。