台湾、中国通信機器の排除進む 研究機関、ファーウェイ製品の使用を制限

2019/01/15 12:33

台湾の公的研究機関、工業技術研究院(工研院)は15日正午から、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製の携帯電話とパソコンでのイントラネット(組織内の情報通信網)利用を不可にした。行政院(内閣)報道官によると、総統府や行政院をはじめ中央の各政府機関は以前からファーウェイを含む中国ブランドの通信機器を公務で使用することを全面的に禁止しており、中国通信機器の排除が進んでいる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。