アプリで読む
ダウンロード

台湾の外食費、1年で約1000円上昇 過去6年で最大の上げ幅

2015/01/06 19:21

行政院主計総処が6日発表した昨年12月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で0.61%上がり、103.57となったことが分かった。中でも外食費は272台湾元(約1000円)、4.48%上昇し、2009年以降で最大の上げ幅となった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.61