アプリで読む
ダウンロード

大学による地方創生、日本の経験を参考に 屏東大が弘前大の書籍を翻訳出版/台湾

2024/05/31 14:14
新刊発表会に出席した屏東大学の陳永森学長(左から2人目)、青森県出身の奥正史・日本台湾交流協会高雄事務所長(右から2人目)ら(同大提供)
新刊発表会に出席した屏東大学の陳永森学長(左から2人目)、青森県出身の奥正史・日本台湾交流協会高雄事務所長(右から2人目)ら(同大提供)

(屏東中央社)南部・屏東県の屏東大学は3月、弘前大学の各分野の研究者が地方創生における大学と地域の連携についてまとめた書籍の中国語訳版を出版した。発表会が29日、屏東大屏商キャンパスで行われ、同大の陳永森学長は、書籍の翻訳によって日本の経験を参考にしたい考えを示した。

屏東大と弘前大は2018年に大学間交流協定を締結。以来、相互訪問や座談会の開催などで交流を行ってきた。19年6月には屏東大の簡光明人文社会学部長(当時)らが弘前大を訪れ、台湾と日本の地方創生に関して交流した。

屏東大によれば、今回の翻訳は同大が進める教育部(教育省)の大学の社会的責任(USR)地方創生計画の一環で実施された。書籍は今後、同計画に関連する学内のプログラムの教科書として利用されるという。

(李卉婷/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.24