アプリで読む
ダウンロード

「台湾建築文化センター」台北市内で2026年に開館へ 文化部が推進

2024/05/15 11:31
「国際博物館の日」の記者会見に出席した史哲文化部長
「国際博物館の日」の記者会見に出席した史哲文化部長

(台北中央社)史哲(してつ)文化部長(文化相)は14日、文化部(文化省)が計画を進める台湾建築文化センターについて、2026年に開館させる予定だと明らかにした。台北市の国立台湾博物館鉄道部園区内にある既存の建物を活用し、1億6千万台湾元(約7億7千万円)を投じて整備する。

史氏はこの日、同部が開いた「国際博物館の日」の記者会見に出席した。同センターの開設は台湾の博物館界にとって大きな意義があると言及。国に建築文化センターがなければ、台湾人の生活の美学などを国際社会に向けて説明するのは難しいと述べた。

センターの設置場所に既存の建物を選択したことについては、早期に開設するためだと説明。身軽な状態で始動させ、いち早く展示を始めたい考えを示した。

(王宝児/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104