アプリで読む
ダウンロード

日本人芸術家、馬祖の生活に着目した作品を制作 馬祖と日本の小学生らも参加/台湾

2023/09/25 18:14

日本人芸術家の高橋匡太さんが制作した作品が、離島・馬祖(連江県)で開催中の芸術イベント「第2回馬祖ビエンナーレ」(馬祖国際芸術島)で展示されている。作品は馬祖の人々に関する話から着想を得て制作され、馬祖の住民と日本の小学生が作品作りに参加した。高橋さんは20日、中央社のインタビューに応じ、作品について語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.109