国父紀念館の関係者、横浜中華学院を訪問 台日交流の増進に期待/台湾

2022/11/23 17:24:34
写真に納まる横浜中華学院内の孫文像や国父紀念館の王蘭生館長(右から3人目)ら=同館提供
写真に納まる横浜中華学院内の孫文像や国父紀念館の王蘭生館長(右から3人目)ら=同館提供

(台北中央社)中華民国の国父とされる孫文の記念館、国父紀念館(北部・台北市)の関係者らが21日、神奈川県横浜市の横浜中華学院を訪問した。同館の王蘭生館長は、交流の機会をさらに増やしたいと期待を寄せた。

同学院は1897年に孫文が横浜を訪れた際、華僑の子弟育成のため設立を提唱した日本初の中華学校で、僑務委員会や台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)などと深いつながりがある。同館によると同館関係者が同学院を訪問するのは今回が初めてだという。

同館は昨年3月、同学院の新校舎供用に合わせて孫文が「天下為公」(天下をもって公となす)と揮毫(きごう)した書の複製品を寄贈。王氏は今後、所蔵する作品を横浜で展示するなどして、台日間の交流や実質的な協力を増進したいとコメントした。

(趙静瑜/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。