ピクシブ監修の画集再び 台湾イラストレーター82人「業界の最前線」

2022/08/17 13:24
天之火さんが描いた台湾の働く女性=蓋亞文化提供
天之火さんが描いた台湾の働く女性=蓋亞文化提供

(台北中央社)台湾のイラストレーター82人の作品を収録した画集「ARTISTS IN TAIWAN 2022」が25日に刊行される。イラストコミュニケーションサービス「pixiv」を運営するピクシブが監修を手掛けた。

ピクシブ監修の画集は2作目で、昨年出版された前作は5度重版を重ね、累計7000部を売り上げた。今回は約7割のイラストレーターが入れ替わり、前作に収録できなかった作品も盛り込まれた。同社は「台湾のイラスト・マンガ業界の最前線を感じることができるラインナップ」だと胸を張る。

表紙のイラストを描いたのは天之火さん。台湾の働く女性たちの日常を描いたシリーズで知られ、ツイッターでは5万人超のフォロワーを持つ。

ピクシブとコラボレーションした台湾の出版社「蓋亞文化」の漫画部の李亜倫編集長は、台湾のクリエーターはイラストや漫画、ゲームなどさまざまな分野で活躍しているとし、今後も提携を通じて新たな才能に出会えることに期待を寄せた。

日本ではピクシブの作品販売サイト「BOOTH」で予約販売を受け付けている。今年冬には電子書籍版の販売も予定しているという。

(王宝児/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。