孫文が揮毫した「天下為公」の書 国父紀念館で初公開/台湾

2022/05/06 13:48
孫文が揮毫した「天下為公」の書 台北の国父紀念館で初公開
孫文が揮毫した「天下為公」の書 台北の国父紀念館で初公開

(台北中央社)台北市の国父紀念館が所蔵する、孫文が揮毫(きごう)した「天下為公(天下をもって公となす)」の書が5日、初めて一般に公開された。

中華民国の国父とされる孫文直筆の書は、同館の完成50周年を記念して展示。王蘭生館長は、革命の同志であった陸匡文に寄せたものだと説明している。

「天下為公」は中国の古典に登場し、孫文が好んだ言葉とされる。

孫文の書は、同館で極めて重要な所蔵品の一つ。同館によると、陸匡文の息子、陸景武氏が2001年に同館へ寄贈し、これまで約20年間未公開だったとしながらも、保存状態は良好だという。「天下為公」の他に、陸匡文の本名である匡民の名前や、孫文の息子、孫科による題字なども書かれている。

同館では今年、50周年を記念したさまざまな展示やイベントを行うとしている。

(邱祖胤/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。