アプリで読む
ダウンロード

中国からのサイバー攻撃、毎日250万回超 総統選後の倍以上に=国家安全局/台湾

2024/05/16 17:08
イメージ(Unsplashから)
イメージ(Unsplashから)

(台北中央社)次期総統・副総統の就任式を20日に控える中、国家安全局は16日、中国からのサイバー攻撃の件数が1月の総統・立法委員(国会議員)選後に比べて増加し、毎日約250万回余りに上っていると明らかにした。選挙後には約100万回余りで、現在はその倍以上の回数になっている。

立法院(国会)外交・国防委員会での答弁。総統就任式を前に、台湾に対する中国からの圧力は強まっているのかとの質問が与党・民進党の王定宇立法委員からあった。これに対し、同局第五処の副処長が答えた。

副処長は中国からのサイバー攻撃について、主に政府機関を狙ったものだとし、同局は中国の浸透を受ける可能性がある穴を引き続き見つけ出していくと説明した。

(呉昇鴻/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.52