アプリで読む
ダウンロード

離島・金門に中国のドローン 国軍、妨害装置で対応/台湾

2024/04/09 13:05

(台北中央社)中国福建省に近い金門県の陸軍金門防衛指揮部は8日、同県の二胆島と猛虎嶼にある守備隊対空監視所が午前9時過ぎと午後2時過ぎに、中国の民間用無人機(ドローン)を探知したと発表した。信号弾を発射した他、飛行を妨害するドローンガンを使い、追い払ったとしている。

中国のドローンを巡っては先月29日、二胆島に飛来して同島に駐屯する軍の様子を撮影し、その後動画がインターネットに公開されていた。

同指揮部はドローンによる妨害行為について、警備に関する教育を強化した他、防衛への意識を高めたと説明。基地や施設、陣地の偽装を規定通り行っているとし、突発的な状況において即時に対応できると強調した。

(游凱翔/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104