アプリで読む
ダウンロード

台湾東部地震/中国、台湾東部の地震でお見舞い 大陸委が感謝表明

2024/04/03 16:55
地震で落石が起きた花蓮県の蘇花公路崇徳トンネル前(読者提供)
地震で落石が起きた花蓮県の蘇花公路崇徳トンネル前(読者提供)

(台北中央社)3日午前7時58分ごろに起きた東部海域を震源とするマグニチュード(M)7.2の地震を巡り、中国で対台湾政策を担う国務院台湾事務弁公室(国台弁)は、朱鳳蓮報道官名義でお見舞いの談話を発表し、災害救助に協力したい意向を示した。これに対し、台湾で対中政策を担う大陸委員会は、中国側の関心に感謝するとした上で、支援を受けるニーズはないと回答した。

今回の地震では東部・花蓮県で最大震度6強を観測。同日午後4時半までの統計によれば、落石に当たるなどして9人が死亡、821人がけがをした。

(李雅雯/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.111