アプリで読む
ダウンロード

台湾最高峰・玉山で霧氷 合歓山ではあられ降る=北東季節風の影響で気温低下

2023/12/06 12:32

中央気象署(気象庁)によると、台湾最高峰の玉山北峰に設置する玉山観測所(中部・南投県、標高3858メートル)で6日午前3時過ぎ、この日の台湾最低気温となる氷点下6.6度を記録し、玉山北峰では霧氷が観測された。南投県と東部・花蓮県にまたがる合歓山武嶺から合歓山観光案内所の一帯では同日朝、一時的にあられが降った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.49