アプリで読む
ダウンロード

阿里山鉄道祝山駅 新駅舎の供用開始 先住民が歌で列車を歓迎/台湾

2023/11/21 17:07
20日に供用開始された阿里山林業鉄路祝山駅の新駅舎
20日に供用開始された阿里山林業鉄路祝山駅の新駅舎

(嘉義中央社)南部・嘉義県の景勝地、阿里山にある阿里山林業鉄路祝山駅の新駅舎が20日、供用を開始した。蒸気機関車がけん引する特別列車が到着すると、地元に暮らす台湾原住民(先住民)族ツォウ族の人々が歌で歓迎するなどした。

同駅は2020年から駅舎の改築工事を行っていた。同鉄道を運営する農業部(農業省)林業・自然保育署阿里山林業鉄路・文化資産管理処の黄妙修処長は、鉄骨構造と国産のヒノキ材やスギ材を組み合わせて強さと柔らかさを兼ね備え、メンテナンスもしやすくなったと新駅舎をアピールした。

同駅は、台湾の鉄道駅として最も海抜の高い場所にあり、阿里山の日の出を見る行楽客が多く利用することで有名。黄氏は、これまで同駅を通過していた観日列車も21日から停車を再開するとし、日の出観賞のついでに美しい駅舎を見に来てと来訪を呼びかけた。

(蔡智明/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.20