台湾19県市に低温特報 23日夜以降は台中以北で冷え込み強まる=寒波影響

2023/01/23 12:16:08
厚手の上着を着て外出する人々=台北市南港区で2023年1月15日、中央社記者鄭傑文撮影
厚手の上着を着て外出する人々=台北市南港区で2023年1月15日、中央社記者鄭傑文撮影

(台北中央社)中央気象局は23日、19県市に対し、寒さへの注意を促す「低温特報」を出した。寒波の影響で、各地で26日まで冷え込みが続く見込み。23日夜から24日にかけては、台中以北や北東部・宜蘭で10度前後の気温が続くか、6度以下になる可能性があるという。

中央気象局が23日発表した低温特報=図の対象期間は23日夜から24日まで(中央気象局公式サイトより)
中央気象局が23日発表した低温特報=図の対象期間は23日夜から24日まで(中央気象局公式サイトより)

23日夜から24日までの期間を対象に各地に出されている低温特報は次の通り。橙色信号(非常に寒い:気温が6度以下になる可能性)=北部・新北市、基隆市、桃園市、新竹県、中部・苗栗県、北東部・宜蘭県▽橙色信号(非常に寒い:10度前後が続く、または10度以下になる可能性)=台北市、中部・台中市▽黄色信号(寒い:10度以下になる可能性)=北部・新竹市、中部・彰化県、南投県、雲林県、南部・嘉義市、嘉義県、台南市、東部・花蓮県、台東県、離島・金門県▽黄色信号(寒い:6度以下になる可能性)=離島・連江県。

気象局によれば、23日日中は気温の低下幅は大きくないが、夜から急速に冷え込む見込み。23日日中の各地の予想最高気温は、北部や北東部で20度前後、東部で22~24度、中部や南部で26~29度となっている。

気象局は、防寒対策の強化を呼び掛けている。

(編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。