台湾ランタン、メイン作品は「ロボウサギ」 高さ22メートル、国父紀念館に

2023/01/03 16:54:10
今年の台湾ランタン祭りのメイン作品「玉兎壮彩」のミニチュア
今年の台湾ランタン祭りのメイン作品「玉兎壮彩」のミニチュア

(台北中央社)元宵節(今年は2月5日)を彩る恒例行事「台湾ランタン祭り(台湾灯会)」のメイン作品のデザインが3日、公開された。ロボットの形をしたウサギのランタンで、高さは22メートル。台湾では半導体産業が盛んなことから着想を得たという。

2001年以降、各都市が持ち回りで開催してきた同イベント。今年は23年ぶりに台北市で開かれる。元宵節当日の2月5日に開幕し、同19日まで続く。

交通部(交通省)観光局によれば、メイン作品は国父紀念館に設置される。19年以降は開催地の特色を生かした作品が続いていたが、今年はえとにちなんだウサギが採用された。

デザインを担当したのは、アーティストの李明道(Akibo)さん。「玉兎壮彩」と名付けられた同作は、さまざまなテクノロジーを駆使した特殊効果を取り入れたパフォーマンスを披露するという。

国父紀念館や台北市政府前広場の他、デパートや有名ブランド店が集まる信義エリア、日本統治時代のたばこ工場をリノベーションした松山文創園区、繁華街の東区を主な会場とし、さまざまな作品が街を明るく照らす。

蔣万安(しょうばんあん)市長は、台北の多様な特色や歴史ある都市の魅力をアピールしたいとし、より多くの人に台北を身近に感じ、好きになってもらいたいと語った。

(余暁涵/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
影片來源:攝影看世界
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。