台湾鉄道、近鉄とコラボのウナギ弁当発売へ 「しまかぜ」型の容器で提供

2022/09/15 14:03
台湾鉄道、近鉄とコラボのウナギ弁当発売へ 「しまかぜ」型の容器で提供=台鉄提供
台湾鉄道、近鉄とコラボのウナギ弁当発売へ 「しまかぜ」型の容器で提供=台鉄提供

(台北中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は15日、近鉄グループホールディングス(近鉄、大阪市)との友好協定締結5周年を記念したコラボレーション弁当を16日から販売すると発表した。縁起が良いとされる「油飯」をイメージした混ぜご飯を観光特急「しまかぜ」の車体を模した陶磁器に入れて提供する。

混ぜご飯は南部・屏東産のレッドキヌアを混ぜたコメと、同・高雄産タロイモとスルメ、シイタケ、エビのエシャロット炒めなどを合わせ、風味豊かに仕上げた。

主菜は台湾産養殖ウナギのかば焼き。付け合わせとして独特な酸味と甘みが特徴のダイコンのローゼル漬けや梅のシソ漬けがのる。

25日まで午前11時から高雄駅東六門販売店で毎日50食分を限定販売する。価格は399台湾元(約1900円)。台鉄と近鉄のイメージキャラクターがプリントされたトートバッグもプレゼントされる。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
台鉄と近鉄のイメージキャラクターがプリントされたトートバッグ=台鉄提供
台鉄と近鉄のイメージキャラクターがプリントされたトートバッグ=台鉄提供
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。