アプリで読む
ダウンロード

台北101花火、「希望の光」がテーマ 1万6千発打ち上げ/台湾

2019/12/18 19:13

台北市の超高層ビル「台北101」で2020年の幕開けを祝って行われる花火ショーは、「希望の光・台湾」をテーマに、300秒にわたって計1万6000発を打ち上げる。外壁に設置した巨大LED装飾「TPAD」にはアニメーションを映し出し、タイワンヤマネコやタイワンツキノワグマなど絶滅危惧種に指定されている台湾希少動物などを登場させる。台北101の運営会社は18日、38秒間のシミュレーション動画を公開した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.24