アプリで読む
ダウンロード

宜蘭・蘇澳で初マグロ水揚げ 269キロ/台湾

2024/04/15 16:11
北東部・宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で水揚げされた今季初のクロマグロ=蘇澳区漁会(漁協)提供
北東部・宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で水揚げされた今季初のクロマグロ=蘇澳区漁会(漁協)提供

(宜蘭中央社)北東部・宜蘭県蘇澳の南方澳漁港で15日、今季最初のクロマグロが水揚げされた。重さ269キロ、全長253センチ。蘇澳区漁会(漁協)による判定の結果、「蘇澳初マグロ」に認定された。同漁会によれば、台湾本島で今季最も早く水揚げされたクロマグロとなる。

クロマグロは、蘇澳籍の漁船が台湾の北東の台日漁業取り決め適用水域で捕獲した。この漁船の船長は昨年も「蘇澳初マグロ」を漁獲していた。

同漁会によると、「蘇澳初マグロ」と認定されるには、合法的に登記されている蘇澳籍漁船に生きた状態で捕獲され、重さ180キロ以上、最も早く漁港で水揚げされるという条件を満たす必要がある。

17日に南方澳の魚市場で競りにかけられる。

(沈如峰/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.19