アプリで読む
ダウンロード

飼育員の月給、最高でも「18万円以下」 台北市動物園、待遇改善訴え/台湾

2023/05/29 18:56

台北市立動物園が飼育員の待遇改善を訴えている。同園の広報担当者、曹先紹氏は29日、報道陣の取材に応じ、修士号や博士号を取得している飼育員でも就職から3~4年で給与は最高額に達するとし、月給は4万台湾元(約18万円)に届かないまま定年退職を迎えると語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.52