アプリで読む
ダウンロード

岸田首相の曽祖父家族が営んだ「喫茶部」 建物修復へ/台湾・基隆

2022/07/23 18:56

台湾で初めて中国語繁体字の書籍を取り扱ったとされる北部・基隆市にある「自立書店」の修復工事が21日に始まった。文化部(文化省)の補助を受けて行われ、約1年後の完成を予定している。建物は日本統治時代、岸田文雄首相の曽祖父・岸田幾太郎氏の家族が「岸田喫茶部」を営んでいたことでも知られる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.206