台湾の「幸福度」 昨年より順位二つ落とすも東アジアトップ

2022/05/19 13:40
台湾の「幸福度」 昨年より順位二つ落とすも東アジアトップ=資料写真
台湾の「幸福度」 昨年より順位二つ落とすも東アジアトップ=資料写真

(台北中央社)国連の関連機関が3月18日に発表した世界各国の「幸福度」に関するランキングで、台湾は10ポイント満点中、6.51ポイントとされ、対象146カ国・地域で26位になったことが分かった。6.58ポイントだった昨年より順位を二つ下げたが、東アジアでは最高位。

ランキングは2012年から公表。米調査会社ギャラップが行った世論調査を基に、過去3年間の平均値を示している。1位はフィンランド(7.82ポイント)。以下デンマーク(7.64ポイント)、アイスランド(7.56ポイント)と続いた。

東アジアの主要国・地域では、27位シンガポール(6.48ポイント)、54位日本(6.04ポイント)、59位韓国(5.94ポイント)、72位中国(5.59ポイント)、81位香港(5.43ポイント)など。

行政院(内閣)主計総処は18日、報道資料を発表し、台湾の得点と順位が下がったことについて、新型コロナウイルスの影響だとの見方を示した。得点が公表されなかった第1回ランキングを除いて、6.22〜6.58ポイントで推移しているという。

(潘姿羽/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。