ワールドプライド、25年に台湾で 東アジアで初開催へ

2021/11/14 19:12
ワールドプライド、25年に台湾で 東アジアで初開催へ=資料写真
ワールドプライド、25年に台湾で 東アジアで初開催へ=資料写真

(台北中央社)性的少数者(LGBTQ+)の世界規模のイベント「ワールドプライド」が2025年、台湾で開かれる。東アジア地域での開催は初めてとなる。

南部・高雄でLGBTパレードを催してきた「高雄同志大遊行(高雄プライド)」が13日夜、フェイスブックページで明らかにした。同団体はワールドプライドを主催する国際組織「インタープライド」に加入しており、同イベントの台湾誘致のため、積極的な取り組みを進めていた。

ワールドプライドはイタリア・ローマで2000年に初めて実施され、近年は2年に1度の頻度で開かれている。インタープライドの代表は、初の東アジアでの開催となることについて、性的少数者の人権について、近隣の国々や地域に重大な影響をもたらすことになるとの考えを示した。

高雄プライドは、ワールドプライド開催に向け、専門のチームを設置し、政府や地方自治体などと連携して準備を進めていく方針を示した。

(呉欣紜/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。