台湾 国内感染、死者、輸入症例いずれも「ゼロ」  新型コロナ

2021/10/18 17:32
マスク姿でバスケットボールをする若者たち
マスク姿でバスケットボールをする若者たち

(台北中央社)新型コロナウイルス対策を担う中央感染症指揮センターによれば、18日は国内感染者、死者、海外からの輸入症例のいずれも新たに確認されなかった。

国内と海外ルートの新規感染者、死者がいずれも「ゼロ」だったのは、国内感染者が増加し、警戒レベルが初めて「第3級」に引き上げられた5月中旬以降で初めて。台湾内の累計感染者数は1万6337人、死者は846人を維持した。

感染状況の安定を受け、交通部(交通省)は、19日から長距離バスのターミナルなどでの飲食を解禁すると発表。来月8日には台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)の自由席の販売を再開する方針も明らかにした。

(陳婕翎、張茗喧/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。