茨城県笠間市、小中学校の給食に台湾バナナ 3年連続 農糧署長が感謝

2021/06/25 12:11

行政院(内閣)農業委員会農糧署は23 日、茨城県笠間市が3年連続で、市内全ての小中義務教育学校の給食に台湾バナナを採用したと発表した。新型コロナウイルスの影響で対面交流がかなわない中、ビデオメッセージを制作した胡忠一署長は同日、流暢な日本語で笠間市への謝意を伝え、子どもたちにも「台湾バナナのおいしさを今日の給食で味わってください」と語りかけた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。