台湾少年工や子孫ら、テレビ会議で日本と交流 台日間の絆受け継がれる

2020/12/07 15:04

戦時中、日本で戦闘機の製造に携わった台湾少年工の子孫らでつくる「台湾高座友の会」が5日、台北市内のホテルで日本側の高座会関係者と交流会を開いた。何敏豪会長は、台湾少年工は国のために忠誠を尽くし、仲間同士でも固い絆で結ばれていると述べ、この忠義の精神を2代目として受け継いでいくとあいさつ。次世代による台日交流を担っていく姿勢を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。