日本統治下の台湾文学界と世界の交流を考察 台中で企画展

2019/06/28 18:07

日本統治時代に日台の詩人によって結成された「風車詩社」を中核として企画された展覧会が29日から、国立台湾美術館(台中市)で開かれる。絵画や彫刻、書籍、音声資料、文物などを展示し、20世紀初頭から1940年代にモダニズム文学が西洋や東アジアで巻き起こしたブームについて掘り下げることで、植民地下にあった台湾の文学者の世界とのつながりや歴史的事件が台湾の文学者に与えた影響を考察する。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。