絶滅が伝えられていた台湾のウンピョウ、台東で目撃情報が相次ぐ

2019/02/28 17:00

国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストですでに台湾の個体群は絶滅したと記されているウンピョウの目撃情報が東部・台東県で相次いでいる。林務局台東林区管理処の黄群策副処長によれば、ウンピョウは数十年間存在が確認されていなかったという。黄氏は目撃証言を重視する姿勢を見せ、積極的に調査を進めたいと意欲を示している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。