アプリで読む
ダウンロード

日本統治時代の官舎を文化拠点に 若者と地元教師が協力/台湾・彰化

2018/11/15 11:49

中部・彰化県彰化市で100年近い歴史を誇る日本統治時代の官舎を歴史や文化を発信する拠点にしようと、若者たちが地元小学校の教師と協力し、さまざまな取り組みを行っている。子供たちに歴史を伝える講座や絵画イベントの開催のほか、休日には子供たちが解説員となって、来場者に建物の歴史を紹介しているという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104