国籍問題で失格の台湾eスポーツチーム、出場資格改めて獲得

2018/11/10 16:08

eスポーツ大会のIEM Katowice2019 Asia Minor-East Asia Open Qualifier#2に参加した台湾のチームSad Storyが、中国予選ではなく東アジア予選に出場したことで失格とされた問題で、主催者側が同チームを大会に改めて招待したことが分かった。Sad Storyのメンバー、Crazy Faceが8日、自身のフェイスブックで伝えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。