アプリで読む
ダウンロード

米国産の遺伝子組み換えジャガイモ輸入 台湾で懸念の声

2017/06/19 17:06

衛生福利部(衛生省)食品薬物管理署は18日、米国産の遺伝子組み換えジャガイモの輸入許可申請を受け取ったと発表した。これを受けて民間団体などからは、安全性や台湾産ジャガイモの商機への影響を懸念する声が上がっている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.205