陳前副総統、行政院長就任か 蔡総統からの打診に快諾と報道/台湾

2023/01/25 14:29:50
陳建仁前副総統
陳建仁前副総統

(台北中央社)辞意を表明した蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)の後任に陳建仁(ちんけんじん)前副総統(71)が就く可能性が報じられている。25日付の大手紙「自由時報」によると、陳氏は春節休み(1月20~29日)期間中、蔡英文(さいえいぶん)総統と面会し、行政院長就任の打診に応じたという。

陳氏は1951年、南部・高雄で生まれた。82年に米ジョンズ・ホプキンズ大学で博士号(疫学)を取得。民進党・陳水扁政権で衛生署長(現衛生福利部長=保健相)を務めSARS(重症急性呼吸器症候群)対策に取り組んだ。2016年から20年にかけて副総統として蔡政権を支えた。敬虔(けいけん)なカトリック信者としても知られ、13年にはカトリック教会などに貢献した一般人に贈る「大聖グレゴリウス勲章」を受章した。

19年1月に行政院長に就任した蘇氏は昨年11月の統一地方選で与党・民進党が大敗したことを受け、辞意を示し蔡氏に慰留されていた。だが、今年度の総予算案が成立した今月19日に改めて辞任を申し出た。

(范正祥/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。